有酸素運動はダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)は当然として、健康にもいいのでお勧めでしょうが、いつ行ってもよいのかといいますとそうではないのです。運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)をするのに適したタイミングと言う物が存在します。どのようなタイミングがいいのかと言ったら、血中の血糖値(高すぎると糖尿病の恐れがあるでしょう)の状態がちょうど良いときと言っていいと思います。有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)を行うことでき、糖質(とり過ぎには注意が必要ですが、不足すると疲れやすくなったり、体調が悪くなってしまいます)は必要不可欠な物。運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を開始ししばらくは血中の糖質(とり過ぎには注意が必要ですが、不足すると疲れやすくなったり、体調が悪くなってしまいます)が主なエネルギー源として使われ、その後、段々と皮下脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)や体脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)が用いられるようになるはずです。そのため、血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)が低い状態で有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を始めると、すぐに体脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)をカロリー源にするようになるでしょう。これは一見、ダイエット(睡眠不足や栄養不足が妨げになってしまうことも多いようです)にはいい事みたいに思えます。しかし、体脂肪が分解される際に遊離脂肪酸が出るではないかと思いますが、これが増えすぎると心臓への負担が大きくなり、心不全などの要因となります。また、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)が低くなると肝臓のグリコーゲン(動物デンプンともいわれており、動物の貯蔵多糖です)がエネルギーとして使用されるようになり、この時に筋肉のタンパク質(筋肉を作ったり、体の構成するのになくてはならない栄養素です)もアミノ酸(食事から摂るのが理想ですが、不足しがちであれねサプリメントなどを利用するのもいいでしょう)に分解されて利用されるため、筋肉の量が減ってしまう点そうです。筋肉が減るということは、基礎代謝量(性別、年齢、身長、体重などで目安となる?値が算出できるでしょう)の低下を招き、太りやすくなってしまうということですね。これでは、せっかく痩せるために行っている運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)が台無しものです。以上っぽいことから、有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)は血中に糖質が十分あるときに行うのがGood。それはいつかっていうと、食後1時間以上経ってからです。できれば、2時間くらいしてから行うのがベスト。このころになったならね消化が落ち着き、血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)が安定して、インシュリンの分泌が減少しくるですよね。よって、痩せるためには、食前ではなくて食後2時間くらい経ってから有酸素運動を行うのが良いでしょう。ー